今日は山口県山口市の「八坂神社御旅所」にお参りに行ってきました。

 

八坂神社の信仰(祇園信仰)は、疫病や天災を起こす悪神に対する信仰で、

悪神を祀ることで、疫病や天災を鎮めてもらうことを目的としています。

 

 

この日は一年に一回の「祇園祭」が行われている最中でした。

しかしながら、567の影響により、祭りは縮小。

 

疫病を鎮めるための祭りが、疫病により縮小するとは…

 

わがくには神のすゑなり神まつる昔のてぶりわするなよゆめ

明治天皇御製

 

 

御旅所には立派な神輿が安置してありました。

 

ご祭神は

中殿:素戔嗚尊

右殿:稲田姫命

左殿:足名椎命・手名椎命

でした。

 

これは、おそらく江戸時代までは、

中殿:牛頭天王

右殿:婆利采女

左殿:娑伽羅竜王

だったに違いありません。

 

明治の廃仏毀釈で、神名変更を余儀なくされたのでしょう。

 

 

ということで、この御旅所から、私たちの旅はスタートします。

 

牛頭天王はめぐり研究所ともゆかりが深い神さま。

そんな牛頭天王さんのところから、旅をスタートできるなんて、とても嬉しく思います!

 

今日、この神社をお参りしていて、「参拝日記」のアイデアを思いついたのでした。

神様が与えてくれたインスピレーションに他なりません。

 

ありがとうございます!