こんにちは、めぐり研究所です。

今回はニニギノミコトの天孫降臨が人間の起源に関係している?といった考察です。

 

日本書紀によれば、

「天孫降臨」は今から約180万年前の出来事です。

そして、ホモエレクトスという、

地球上で初めて火を使い始めた人類も、180万年前!

 

まじか!

ということで、これについて見ていきたいと思います。

日本書紀

日本書紀第三巻「神武天皇」最初の方

神武天皇が45歳の時に兄弟に言った言葉の中に、

「天孫降臨から179万2470年経ちました」と記述があります。

神武天皇は127歳の時に、天皇になりました。

これを書いている2021年現在、皇紀2681年なので

それらを合算すると、

約179万5000年前≒180万年前。

それは神話の世界の話ですが、

では現実にはその頃、何があったのでしょうか?

ホモエレクトス

「ホモエレクトス(ジャワ原人・北京原人)」という原人がいますが、

彼らは約180万年前に登場したと言われています。

彼らはそれまでの猿から急激に進化した、類人猿で、

地球上で初めて火を使い始めたといわれています!

つまり、ここから文明が始まったのです。

火を使うか、使わないかで「できること」が全然違いますよね。

歴史的な進化!

これは何かの偶然でしょうか?

天孫降臨の途中に出会った国津神、

導きの神、猿田彦命は、猿=類人猿の神で、

自分たちの体を提供したと仮定します。

 

類人猿の体を依代として、瓊瓊杵尊たちの霊が降りてきて、

急速な進化をした。

そして今までの猿人が火を使い始めたり、急に文明的になった。=人間の起源ではないか?

という考察でした。